仙台JC子ども塾~ぬまっちと行く心の船~参加者募集

本事業は、7月31日(水)から8月3日(土)にかけて、仙台市の小学生4年生から6年生50名を対象として、子どもたちの自主性を引き出す教育法で注目されている東京学芸大学世田谷小学校の現役教諭である沼田晶弘先生と共に、仙台市の姉妹都市である北海道白老町を訪れ、様々な体験を通じて子どもたちの自己肯定感を育み、社会的規範意識を身に付けていただくことを目的として開催いたします。住み慣れた町や親元を離れ、フェリーに乗って、新しい仲間とともに語りながら、学び、涙する体験を通じて、子どもたちの主体性や自立心を育み、やさしさや思いやりの心を醸成していきます。また、目的地である白老町では地元の小学生との交流や、日常では感じることのできない大自然に触れていただき、子どもたちの好奇心や探求心を刺激し、自ら学び、実践する意欲を引き出します。仙台青年会議所メンバーだけでなく、小学校教諭を目指す大学生に協力をいただき引率していただきます。
応募締切日は6月25日(火)とさせていただいております。安全面への配慮など、万全を尽くしてお子様をお預かりいたします。7月6日(土)には事前オリエンテーションを予定しておりますので、ぜひとも多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。