基本方針

法令会計審査会議 議長 長谷川 剛介

公益社団法人としての強固な財務基盤と公益認定基準を遵守してきた仙台JCは、費用対効果の視点から適正な会計に基づき、法令に則した公益性の高い事業展開を可能にする組織体制のもと、地域の課題解決に貢献してきました。私たちは、公益性を維持する責務とともに、時代背景に沿って移り変わる法令の遵守と効果的な事業を発信する体制の中、地域発展に寄与する組織として、地域と市民に信頼され続ける組織となる必要があります。

まずは、公益法人会計基準に適合した財務監理をするために、明瞭な情報開示を行うとともに、事業構築を効率的に支え、堅実な法人運営の基盤形成に繋げます。そして、公益性の高い事業を効果的に実施できる環境を構築するために、計画に対する予算組と決算の適正を推進するとともに、コンプライアンスが徹底されていることの確認を行い、メンバーの法令遵守に対する意識を高めます。さらに、広く公に資する組織であるために、法人運営の諸手続を正確かつ迅速に行うことで、公益社団法人格を維持します。また、組織の円滑な運営を支えるために、定款及び諸規定の検証を適宜行うとともに、必要に応じた定款と諸規定の変更を行い、環境変化に柔軟に対応できる組織へと進化します。そして、社会の継続的な発展に繋げるために、仙台JCが取り組んだ事業をJCI及び日本JCへ発信するとともに、事業内容の結果と効果を検証し、今後取り組む事業の質の向上を図ります。さらに、住み暮らす地域がより良く活性化するために、様々な分野で仙台(まち)の発展に貢献する人財を発掘するとともに、活動内容を理解し、メンバーの活動意欲向上を図ります。

組織の存在価値を向上させた社会的意義のある事業を構築する私たちが、守破離の精神を胸に、盤石な組織基盤のもと、希望に満ち溢れる未来に向かう人財との運動展開の中で、地域や市民の負託に応える健全な組織として、感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

事業計画

・LOMの財務関係の監理と運営
・LOM事業会計の管理と承認
・LOM事業内容と事業予算との適正化の推進
・LOM事業のコンプライアンス審査
・公益社団法人運営に関する諸手続の対応
・定款/諸規定の検証、改定
・JCI/日本JCへの褒賞申請と検証
・人間力大賞への申請と検証
・新入会員の拡大及び開発の支援
・第50回仙台七夕花(第9回公開例会)への支援
・出向者支援