基本方針

七夕花火祭特別委員会 特別委員長 菅原 啓太

時代の変遷から市民意識に多様性が生じる中、地域の文化や歴史への深い理解のもと、市民が一体感と主体性を持って未来を思い描くとともに、次世代を担う人財へ想いを繋ぐことができれば、持続的発展を遂げる仙台(まち)が確立されます。私たちは、歴史への感謝と未来に対する共通意識のもと、仙台の持続的発展を見据え市民と共に、積極的に行動を起こす地域を牽引するリーダーとして、課題解決に向けた運動を次世代へ繋ぐ必要があります。

まずは、市民をはじめとした関係各所と連携した力強い運動を展開するために、新年式典・新春名刺交換会を実施し、昨年度の事業報告と本年度展開する運動の方向性を発信することで、私たちの運動への共感から協力を得るとともに、信頼関係をより強固にします。そして、持続的発展を遂げる仙台を創造するために、仙台七夕花火祭を実施し、市民が長きにわたり続く地域の歴史を深く理解し主体的に作り上げるとともに、次世代を担う人財が仙台(まち)の魅力を思い描くことで、市民の地域に対する愛着と未来への想いを醸成します。さらに、安全安心かつクリーンな事業に必要な知識と主催者としての自覚を高めるために、関係各所からの協力体制のもと警備に関わる例会を実施するとともに、事業実施に必要な情報共有をメンバーと行い、仙台JCと関係各所が協働した強固な基盤を構築します。また、市民が誇りと愛着を持てる仙台(まち)であり続けるために、仙台七夕花火祭を安全安心に継続できる環境の調査研究と整備を行うとともに、市民や関係各所からの理解のもと次世代へと継承し、創始の想いが根付く地域から必要とされる持続可能な事業を確立します。

積極果敢な行動力を備えたリーダーに成長した私たちが、仙台の未来を創造する市民の意欲を掻き立てる運動力のもと、長きにわたる歴史を継承した地域に必要不可欠な組織として、地域への誇りと愛着を持った人々が住まう感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

事業計画

・新年式典・新春名刺交換会の企画と実施及び検証【第1回例会(1月)】
・第50回仙台七夕花火祭の実施と検証【第9回例会・公開(8月)】
・例会の企画と実施及び検証【第8回例会(7月後半例会)】
・恒久的な仙台七夕花火祭実施についての調査と検証
・新入会員の拡大及び開発の支援
・出向者支援