会員室基本方針

会員室 室長 石垣 光一朗

人口構造の変化に起因する多様な地域課題が潜在する中で、公の利益を求める高い志を持つ人財が、仙台(まち)の未来を見据えた運動を展開すれば持続的に発展可能な仙台(まち)が確立されます。仙台JCは、的確に分析した地域課題の解決と新たな価値を創造可能な地域を牽引する高い志と品格を備えた人財が継続的に生み出され、当事者意識を持った仲間と共に希望と活力を与える運動を伝播できるリーダーが集う組織へと進化し続ける必要があります。

まずは、地域の発展に寄与する地域運動を展開し続けるために、JCの基本運動である会員拡大の重要性に対する認識を持ったメンバー一人ひとりが、組織の有機的な連携が確率された機動力が活かされる組織としての有用性を地域へ伝播し、運動への共感を得ることで、より多くの志高い人財の確保に繋げるとともに、仙台JCの未来を担うメンバー一人ひとりが、多様な学びを通してJCの魅力と運動の本質を理解し、リーダーの品格と高い志、地域課題の解決に対して明確な当事者意識を兼備した人財が集う組織へ進化します。そして、地域課題の解決していく中で地域に新たな価値を与える組織へ進化するために、メンバー一人ひとりが、創始の想いや仙台JCの歴史の理解のもとで、自らの考えを取り入れた地域発展の礎となる運動を見出し、感謝の気持ちと他者を思いやる心を持った仲間と、切磋琢磨しながら互いを高め合うとともに、地域課題の解決のために思いやりを持って取り組む「個」の人財の成長と、未来に向けた地域の発展に寄与できる「個」の集団として、市民と共に歩みを進めることで、課題解決に率先して取り組む組織を構築します。

守破離の精神を胸に、地域課題の解決と仙台の新たな価値を創造する組織として進化した私たちが、「感謝」と「思いやり」の心を併せ持つ地域の運動体として、仙台(まち)の発展に寄与する能動的市民と共に、持続的に発展可能な感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

 

会員開発委員会

基本方針

会員開発委員会 委員長 八重樫 司

人口構造の推移に対する取り組みとして地域の活力となる人財の確保と定着が推進される中、地域の発展を支えていく新しい原動力が拡大されれば、仙台(まち)の持続的発展を確立できます。地域に活力を与える人財の集結と育成が求められる今、持続可能な会員拡大を推進する私たちは、市民と共にしあわせを共感できる仙台(まち)の創造へ向けて地域に根差した運動を力強く牽引する感謝の心を持った青年リーダーが集う組織へ進化する必要があります。

まずは、地域に根差した力強い運動を展開し続けるために、JCの基本運動である会員拡大の重要性を理解したメンバー一人ひとりが、主体性を発揮して仙台(まち)に必要な組織としての誇りを持って共感と協働を促すことで、志高い青年を集うとともに、新たな同志が、JC運動を通じて公の利益のために行動する私たちの姿勢や仲間と切磋琢磨する中で多くの気づきや学びを享受し、次代を担う意識を醸成することで、しあわせを共感できる仙台(まち)の創造に向けて地域を牽引する気概と品格を兼ね備えた人財が集結する組織に進化します。そして、地域発展に寄与する運動の可能性を拡大するために、メンバー一人ひとりが組織全体で取り組む会員拡大の意義を認識し、長期的視点を持った組織での情報共有とJCの魅力を伝播することで、次代の仙台JCを担う人財の持続可能な拡大基盤を構築します。さらに、私たちが活動する上で支えていただいている大切な方々にJC運動への理解と共感を得て活力を増進するために、JCの取り組みと運動の中から得られた学びや心からの感謝を伝えることで、地域に根差した運動を力強く牽引し続ける組織へと発展させます。

地域の未来を切り拓く力強い運動の可能性と新たな原動力を拡大した私たちが、守破離の精神を胸に、市民を牽引する「感謝」と「思いやり」の心を持ったリーダーとして仙台(まち)の未来を見据え持続的に行動する運動体となり、感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

事業計画

・新入会員の開発と研修
・効果的な会員拡大方法の企画と実施及び検証
・事業報告会の企画と実施及び検証
・第50回仙台七夕花火祭(第9回公開例会)への支援
・出向者支援

 

例会委員会

基本方針

例会委員会 委員長 後藤 貞和

人口構造の変化による地域の課題が多様化する中で、メンバー一人ひとりが高い志と品格を備えた地域と市民を牽引するリーダーに成長すれば、未来に向け持続的に発展可能な仙台(まち)が確立できます。仙台JCは、創始の理念と歴史を承継した一体感のある組織として、青年の地域課題の解決への意志を養う中で、他者との切磋琢磨から得た学びを行動に移せるリーダーで構成された地域や市民に必要とされる組織へ進化し続ける必要があります。

まずは、連綿と受け継がれてきた歴史の承継と組織の更なる発展のために、創立68周年の歴史を先輩諸兄とお祝いするとともに、組織の歴史を学び、培われてきた価値観を共有することで、運動を展開する意義を再認識するとともに、盤石な組織基盤を確立します。そして、仙台JCが地域課題の発見と解決とを継続的に行う組織になるために、身近な課題の調査方法及び解決方法の本質を学ぶとともに、地域課題への関心を高める機会を提供することで、自ら発見した地域課題の解決に向け主体的に行動するメンバーを育みます。さらに、市民や仲間と共に持続的な運動を展開し続けるために、他者との交流の中で各々の知見や見識を磨き合うことで、メンバー一人ひとりの青年リーダーとしての素質高めるとともに、市民や仲間に支えられて活動していることの自覚と感謝の想いを高めます。また、仙台JCが地域から必要とされる組織へ発展するために、メンバー一人ひとりが他者から得た知見を発展させ自身の理念を確立するとともに、理念を活動に活かす方法を学ぶことで、地域を牽引するリーダーとして成長した人財が集結した組織へ進化させます。

「守破離」の精神を胸に、「個」の能力が向上した私たちメンバー一人ひとりから構成される組織へと進化した仙台JCが、市民を牽引する強いリーダーシップのもとで地域から必要とされる運動を展開し続ける組織として、感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

事業計画

・第3回例会(創立例会)の企画と実施及び検証【第3回創立例会(3月)】
・例会の企画と実施及び検証、【第5回例会(5月)】、【第7回例会(7月前半)】、【第10回例会(9月)】
・新入会員の拡大及び開発の支援
・第50回仙台七夕花火祭(第9回公開例会)への支援
・出向者支援