広報渉外室 基本方針

広報渉外室 室長 吉野 秀信

情報化や国際化が進み多様な価値観を活かす地域社会への遷移が求められる中、未来に向けて地域の課題解決に取り組む意識が市民や地域へと伝播すれば、互いの受容と尊重を通じて新たな価値を創造する仙台(まち)が実現します。私たちは、地域を牽引する組織としての存在意義の顕示を通じて得た市民からの共感と、他者への感謝と尊重を根幹とする思いやりの精神のもと、多面的な視点から地域に運動を伝播する組織へ進化する必要があります。

まずは、市民や地域からの共感と信頼のもと仙台(まち)を牽引する組織へと発展するために、報道機関をはじめとする関係各所との連携による情報発信の協働基盤の確立から市民や地域の意識変革を促進するJC運動の効果的な発信方法を実現し、市民の仙台JCに対する社会的認知度を高めるとともに、地域を発展へと導くJC運動を主体的に伝播する意識をメンバー一人ひとりが醸成する機会を創出し、組織の機動力を活かした情報の発信を実現する新たな仕組みを創出することで、仙台JCの組織的な発信力の更なる強化を図ります。そして、多様な価値観を持つ相手に対して分け隔てない尊重と寛容の精神のもと行動する人財を育成するために、開催の意義と目的を正しく認識して参加する会員交流事業を通じてメンバー一人ひとりが様々な文化や価値観に対する理解を深め、地域への愛着に基づいて地域のリーダーとして能動的に活動する主体への変革を促すとともに、国際組織の一員である私たちが、国外の姉妹JCとの交流をはじめとする国際の機会を積極的に享受することで、他者への感謝の心を胸に市民と共に未来に向けて活動する組織へと進化します。

地域や市民から信頼と共感を得る組織として、守破離の精神を胸に地域社会の課題解決に向けた運動を伝播する私たちが、市民に寄り添い成長する運動体となり、地域やひとが文化や価値観の違いを超えて心を寄せ助け合う、感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

 

広報委員会

基本方針

広報委員会 委員長 古川 勇

地域の動向に影響を及ぼす多様な情報が飛び交う社会において、際立つ確かな情報発信のもと地域から共感を得る魅力的な運動が確立されれば、希望に満ち溢れる仙台(まち)が実現されます。地域における私たちの存在意義の確立に向けて、関係各所との連携に基づくクロスメディア戦略をもとに、広報の重要性の理解と組織的な機動力を活かした戦略的な運動の継承を通じ、市民や地域に向けて広く運動を伝播する組織へと進化する必要があります。

まずは、地域の発展に寄与するJC運動の必要性を広め市民の意識向上へ繋げるために、効果的な情報発信ツールを戦略的に利用し、運動の方向性に共感する能動的な市民意識を高めます。そして、市民の共感を得る組織へ進化するために、報道機関をはじめとする関係各所との協働基盤を構築し、地域と連携した効果的な情報発信を実現します。さらに、組織の社会的認知度の向上を図るために、JC運動の理念や今後展開する運動を複数のメディアを通じて多角的に発信し、市民の仙台JCの存在価値への理解を高め共感を促します。また、仙台(まち)の発展を担う高い意識を持つ組織へ進化するために、メンバーの成長を促す有益な情報と共に各種行事を配信し、組織内の連携強化とメンバーの意識向上を図ります。そして、組織の機動力を活かす情報発信を確立するために、ブランディング確立の重要性と高い相乗効果を意図したクロスメディア戦略をメンバーが共有する機会を提供し、組織一体での情報発信に対する理解と主体性を促します。さらに、組織の運動を次世代に承継するために、日々の活動記録を適切に管理保全し、確実なデータの引継ぎをします。

しあわせを共感する希望に満ちた豊かな社会に向けて、社会的認知度を向上させ市民から共感を得るブランディングを確立させた私たちが、守破離の精神のもと、機動力を活かした情報発信から、信頼関係を築く市民と共に、感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

事業計画

・対外広報活動の企画と実施及び検証
・各種発信媒体を効果的に用いた新たな発信基盤の構築に向けた企画と実施及び検証
・公式ウェブサイトの戦略的な運営と管理
・広報誌「のぞみ」の編集と発行及び検証
・対内メールマガジンの編集と発行及び検証
・例会の企画と実施及び検証【第2回例会・2月例会)】
・LOMの活動記録と管理
・新入会員の拡大及び開発支援
・第50回仙台七夕花火祭(第9回公開例会)への支援
・出向者支援