総務室 基本方針

総務室 室長 千葉 智久

地域の発展に寄与する運動を展開する仙台JCは、規律を意識した厳格な諸会議や組織運営から生み出される効果の高い事業と、メンバー一人ひとりが能動的に活動できる環境の構築を後押しする体制が確立されれば、効率的な組織運営に繋げることができます。私たちは、組織内の意思統一がなされた強固な連携体制が整う組織基盤のもと、仙台(まち)の未来に対して責任と自覚を持って運動に取り組む発展可能な組織へと進化する必要があります。

まずは、地域課題の解決に向けた効果の高い事業を構築できる体制を整えるために、組織の意思決定プロセスにおいて最も重要となる総会並びに諸会議の位置づけとJC運動を根底から支える効率的かつ質の高い議論の重要性を明確に組織内に周知し理解を促すことで、組織運営と運動展開を行ううえで組織に必要不可欠となる内部統制の確立に繋げます。そして、仙台(まち) を持続的に発展させる運動を展開できる活性化した組織となるために、組織内の規律や運動指針の周知徹底とメンバー間の連携体制を強化するとともに、感謝の心が漲る仙台(まち)の創造に向かって実施された事業に関する検証内容を組織内で共有することで、メンバーの強い連携のもと規律遵守と事業の検証に基づく事業展開の基盤を構築します。さらに、能動的に運動発信ができる組織の活動基盤を構築するために、市民意識を変革する組織として長きにわたり仙台(まち)15 を牽引し続けてきた仙台JCの歴史と未来に向けて運動を展開し続ける組織のあるべき姿に対し組織内で理解を深めるとともに、JC運動に対する活動意義を再確認し共有することで、メンバーが主体的に行動する組織の礎を築きます。

厳格な運営体制と効果的な運動展開から仙台(まち)の持続的な発展に寄与する進化した盤石な組織基盤とJC運動に対する深い理解のもと、しあわせな仙台(まち)の未来の創造に向けて主体的に行動した私たちが、次代を担う組織として、感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

 

総務委員会

総務委員会 委員長 福重 祐作

仙台JCは、厳格な諸会議を基盤とした事業構築から地域発展に寄与する組織として、仙台(まち)の未来を見据えた志高いメンバーを支える体制が確立されれば、より効果の高い運動を持続的に展開できる組織運営に繋げることができます。私たちは、効率的な事業構築を可能にする有意義な諸会議と組織への想いを継承したメンバー同士の結束力のもと、主体的に行動できる基盤を備え、多くの市民から信頼される組織へと進化する必要があります。

まずは、総会や諸会議を有意義で質の高い充実した議論の場とするために、規則に従って会議資料の精査と配信を実施するとともに、正確な議事録作成及び資料の管理をすることで、組織におけるルール遵守と厳格な会議の重要性に対するメンバーの意識を高めます。
そして、仙台(まち)の発展に寄与するメンバーの連携体制を構築するために、活動を支える基本資料と会員名簿及び次年度以降活動の礎となる報告書を作成し、メンバーの組織への理解を深めるとともに、強固な連携のもとJC運動を展開することの意義や価値を伝えます。さらに、地域発展の一翼を担う活力溢れる組織を形成するために、卒業生が長きにわたり積み重ねてきた経験やJCに対する想いを次世代に繋ぐ場を提供するとともに、JAYCEEとしての自覚や誇りを継承し、メンバーが能動的に運動を展開する意識を高めます。
また、地域発展の原動力となる組織へ進化するために、自己研鑽に励みJAYCEEとして模範となる活動をしたメンバーと地域発展に寄与した組織体に対して適正な判断基準のもと褒賞を授与し、お互いを認め合いながら主体的に行動を起こす意識を向上させます。

持続的な運動の展開ができる盤石な組織基盤と受け継いだJAYCEEとしての確固たる想いのもと、地域への「感謝」の心と「思いやり」を兼備する地域のリーダーとなった私たちが、地域から信頼され続ける組織として、感謝と思いやり溢れる仙台(まち)を実現します。

事業計画

・総会/理事会/常任理事会及び諸会議の設営と運営
・議事録の作成と管理
・基本資料/会員名簿/アニュアルレポートの発行と管理
・例会の企画と実施及び検証【第13回例会(12月)】
・LOM内褒賞の企画と実施
・新入会員の拡大及び開発の支援
・第50回仙台七夕花火祭(第9回公開例会)への支援
・出向者支援