どんと祭 裸参りのご案内

一月十四日の夜、宮城県の小正月に行われる伝統ある火祭り「どんと祭」は各家庭に訪れていた神々を送る火を「御神火(ごしんか)」とし、あたると心身が清められ一年間の無病息災・家内安全の加護を得るという言い伝えがあります。その御神火を目指して参拝するのが「裸参り」です。

仙台青年会議所では、昭和59年から地元と一緒に参加できるものはないかとの想いから「裸参り」の参加を開始し、2019年で35年目を迎えます。

仙台(まち)の未来を担う青年経済人として地元と密着し、地域を愛する心で本日まで「裸参り」を継続して参りました。この伝統を引き継ぎ、地域のたからである「裸参り」を継承して参りましょう。仙台JCメンバー全員の無病息災と運動の発展を祈願すべく、本年も多くの皆様のご参加をよろしくお願いいたします。なお、裸参りのあとは直会を行います。直会の語源は直り合い(なおりあい)から来ているとされ、もとに戻るという事を意味しています。祭事を終えた後に直会を行うことで斎戒による緊張状態を解いて元に戻る=日常生活に戻るという事になるのです。直会も祭りの一部となりますので合わせてご参加いただき、冷えた身体を温めるとともに、多くの仙台JCメンバーで今年の仙台の伝統行事を締めくくりましょう。

日時 2019年01月14日(月)14:30集合
集合場所 いこい荘
御祈祷 大崎八幡神宮
対象 会員
問い合わせ先 公益社団法人 仙台青年会議所 2019年度事務局