2019年度理事長挨拶

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。当会も皆様のお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。公益社団法人仙台青年会議所は、本年で68年目を迎えます。創始から積み重ねられたこの歴史は、これもひとえに先輩諸兄のみならず、皆様からのご協力の賜物だと考えております。

本年、公益社団法人仙台青年会議所では『感謝の心が漲る仙台(まち)の創造に向かって~守破離の精神を胸に~』をスローガンとして掲げさせていただきました。近年、私たちの住み暮らす地域は、震災後の復旧・復興における課題、生産年齢人口の減少と高齢化、子ども達を取り巻く環境の変化、個人主義の浸透による地域コミュニティの希薄化等、様々な課題が山積しています。私たちは、地域に住み暮らす責任世代として、仙台(まち)の未来を担う子どもたちの笑顔が溢れ市民一人ひとりがしあわせを共感できる仙台の実現のために、地域の発展のために率先して行動していかなければなりません。

本年、仙台JCは、メンバー一人ひとりが、守破離の精神を胸に、67年間先輩諸兄が積み上げてきた理念を体得し、自ら知識や見識を取り入れ地域の発展の礎となる運動を見出し、時代に即した運動を展開してまいります。また、日頃あたり前と感じていることへ感謝の心を持ち、仙台の未来を思いやり市民の皆様と共に、未来を見据え行動していくことで、地域から必要とされ続ける組織へと発展してまいります。

本年度も皆様のご多幸とご健勝を心よりご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

2019年 元旦
公益社団法人 仙台青年会議所
理事長 武山 祐樹