JCと事業

指導力開発を推進するためのもっとも有効な手段として、青年会議所には社会開発事業を中心とする事業があります。会員はその地域に住む住民であり、一市民です。「明るい豊かな社会」の創造のために、それぞれが住む街の諸問題を掘り起こし、そのときに単に市民という立場だけでなく、リーダーシップを発揮してその解決にあたらなければなりません。即ち、青年会議所が計画実施する事業とは、地域や市民の皆様に受け入れていただくべき内容であり、地域や市民と共同で展開される必要があります。

地域に、市民の皆様に信頼され、地域・市民をリードするにふさわしい資質を備え、常に「明るい豊かな社会」を創り上げるための事業を検討し、実施していかなければなりません。

そして、このような社会開発事業は引き継がれるものですが、最近はひとづくりの手段として国際真献への取り組みも行っています。世界各国を舞台とした国際貞献活動を通じて、よりグローバルな資質の向上を図っていきます。