2021年度理事長 挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。お蔭様をもちまして、本年で70年目を迎える公益社団法人仙台青年会議所(以下、JCI仙台)も無事に新春を迎えることができました。創始から連綿と積み重ねられた歴史は、ひとえに先輩諸兄のみならず、皆様からのご支援ご協力の賜物と考えております。

 2021年度のスローガンは「Stand Out!~次世代がより豊かになる仙台(まち)へ~」としました。「Stand Out」には「飛びぬける」や「抜きん出る」といった意味があります。物事に取り組む前からできない理由を述べるのではなく、青年らしく何事にも挑戦し、良い意味で目立っていきましょうという想いを込めました。令和という希望ある時代は始まったばかりです。しかし、私たちが直面している現実は冷酷であり、特に2020年猛威を振るった新型コロナウイルスは、世界規模で様々な危機的状況を引き起こしながら、依然として私たちの生活に甚大な影響を与え、時には生命にとって脅威となっています。このような不確実性の高い時代だからこそ、私たち責任世代が声を大にして地域の明るい未来を標榜し、行動していく必要があると考えています。

 私たちの行動によって地域の未来が大きく変わる、そんな時代の岐路に私たちは立っています。誰もがしあわせな未来を想い描くことができる仙台の実現に向けて、2021年度も引き続き地域の皆様とともに運動を展開してまいります。

 本年も皆様のご多幸とご健勝を心よりご祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

公益社団法人 仙台青年会議所
理事長 菅原 啓太

活動報告

2月13日(土)に発災した福島県沖の地震
宮城県内11青年会議所の所属メンバーから
公益社団法人仙台青年会議所 2021年度
  毎年、公益社団法人日本青年
    PAGE TOP
    MENU